お知らせ

【季刊】監事2018年003号

 

【目次】

■社会福祉法人トップに聞く「病院に送らない。施設で最後の看取りを」
 浴風会 理事長 京極 高宣

◆特集 医師不足・赤字経営・・・地域医療の深刻な課題
1 地域医療の確保と公立病院改革
 総務省準公営企業室長 伊藤 正志

2 民法改正が医療機関の業務に与える影響
 弁護士 堀 克巳

3 医療制度維持に必要なこととは
 ”フリーランス医師”について考える
 東日本税理士法人 副所長・税理士 坂田 茂

■「優れた病院はムダを削り、教育・研修に力
 元衆議院議員・弁護士 仙谷 由人に聞く(下)

■トップ交代・次代への承継問題を考える
 日比谷パーク法律事務所 弁護士 松山 遥

「外部監査制度の社会的意義」(下) 
 青山学院大学名誉教授/大原大学院大学教授 八田 進二

■医療法人の会計・監査に関する実務上の留意点(下)
 四谷監査法人・公認会計士 下條 伸孝

■医療機関経営と第三者評価
 日本格付研究所チーフ・アナリスト 吉田 法男

■右か左か。大阪と東京で異なる立ち位置
 岡山市民病院事務局長 豊岡 宏

■医療・介護分野でのIT活用メリット
 株式会社IT経営ワークス 代表取締役 本間 宅哉

劇映画に託した医療の問題
 医療法人社団 青虎会 理事長 土田 ひろかず

■再製造SUDに関するわが国の展望
 東京女子医大附属成人医学センター所長・特任教授 上塚 芳郎

◆公立病院改革の花形・地方独立行政法人に出て来た問題ー

1 「なぜ私は解任されたのか?」
 前地方立行政法人神奈川県立病院機構 理事長 土屋 了介

2 「県民視点で何が正しいか冷静な判断を」
 医療ガバナンス研究所 理事長 上 昌弘

3 「地方独立行政法人法が期待していることとは」
 東京医科歯科大学大学院教授 河原 和夫

■病院経営セミナーから「自治体病院再編統合と地域医療連携推進法人設立の経緯」
 地方独立行政法人 山形県酒田市病院機構 理事長 栗谷 義樹

■医療費保証ビジネスを開拓したベンチャー起業家に聞く一
 「回収をきちんと行い、国の医療費高騰の抑止にも」
 イントラスト社長 桑原 豊

カテゴリー

月別アーカイブ